非常勤講師Profile

2006_vtejpduo0109test.JPG

Rodolfo Masiani

ロドルフォ・マシアーニ

ロドルフォ・マシアーニ(イタリア人)

1972年6月1日
イタリア人の父と、イタリアと日本のハーフの母との間に生まれる。
日本生まれ。

プロドラマーの父の影響で4歳から音楽を始める
この頃からイタリアと日本を往復し続けるようになる。

ニニロッソ楽団で活躍していた父の影響も有ったが、10歳の時、
故・北村謙氏(マドリッド王立音楽院デ・ラ・マーサの元で勉強した)の個人指導で、
クラシックギターを学び始める。

1994年23歳、
イタリアに帰国しイタリア北部のノヴァーラ市のヴィヴァルディー国立音楽院に入学。
フランチェスコビラッギ氏に指導を受ける。

1996Lago di garda(イタリア)講習会オスカー・ギリア氏を受講、
1997イタリア・ソンドリオ市主催ステッファノ・グロンドーナ氏講習会を受講、
1998ステッファノ・グロンドーナ氏主催のヴィチェンツア市ギターフェスティバルで、
学生部門で演奏者に推薦。

また、ローマ・サンタチェチリア音楽院・オペラオーケストラ指揮者
セルジオ・ラ・ステッラ氏にリズム表現法及び、演奏アドバイスを受けるなど、
トップレベルの音楽に接する。

卒業後は再び日本へ。ギター演奏活動を展開。

数年間の模索の中、
2003年から自作のクラシックギターでのインディーズCDを1年間に3作品作り、
TVで紹介され、高い評価を得る。

2006年ベトナムのハノイ国立音楽院との交流で講師で招かれ、
3夜連続のコンサート、
及びクラシックギター・マスタークラスの講師として呼ばれる。
同時にその演奏会の模様はベトナムのTVにて放映された。

現在は演奏活動やCD制作をしながら、講師活動を主にしている。

私の一言:
クラシックギターはとても扱いにくい楽器です。
しかし、自分で作り出す音はその苦労にも増して最高の宝物だと思います。
ちょっとした時間に自分だけの音を作り出す。
そんな楽しみを私にサポートさせて下さい。